資格は本当に必要か?

資格は本当に必要か?

医療事務の資格が本当に必要かという質問をされる機会があります。
資格がなければできない仕事ではありませんが、もしその状態で仕事をしたとしても即戦力にはならない気がします。
全く資格もなければ、資格取得のための勉強をしたことが無いという状態での仕事は難しいでしょう。

 

もちろん、資格を取っていれば仕事ができるかと言えば、またそれも違うと思います。
医療事務の仕事=接客も多い仕事
そう解釈した方がよさそうです。
病気の人や、お年寄りなどを対応しなければならないので、一般の接客業より神経を遣いそうです。
中には、待たされて機嫌が悪くなっている患者さんもいるでしょう。
クレームをつけられることもあると思います。
そのようなときにでも、しっかりとした対応ができないといけませんし、いちいち医師がそのような対応をするわけにもいきませんね。
一般的な会社のクレームですと、女子社員で対応できない場合は上司である管理者が代わりに対応してくれることもありますが、病院ではそうもいきません。
やはり、一般的な事務の仕事よりははるかに大変な仕事といえます。

 

話は元に戻りますが、それでも医療事務の仕事は人気の仕事です。
求人を出せばたくさん応募者が殺到する場合もあります。
そのようなときに、資格が全くないような人は採用されることはまずないでしょう。
やはり、専門的な用語などをしっかり分かっていないと仕事をする上でも難しいからなのです。
医療事務の仕事をするには、まずは資格取得から。通信講座や通学で勉強をしましょう。